西暦 年号   
1920 大正9年 1月 東洋コルク工業株式会社を広島県広島市に創立。
1927 昭和2年 9月 東洋工業に社名変更。
1929 4年 1月 工作機械の製作開始、2輪車の試作開始。
1930 5年   2輪車を製作し、広島で行われたオートレースで優勝。
1930 5年 1月 3輪トラックの設計を開始。
1930 〜31年   本社を現在の府中町に移転。
1931 6年 10月 東洋工業初の3輪量産車、DA型3輪トラック誕生。
1933 8年 11月 DB型3輪トラック誕生。
1934 9年 1月 DC型3輪トラック誕生。
1935 10年 7月  TCS型3輪トラック誕生。
1935 10年 12月 KC36型3輪トラック誕生。
1936 11年 12月 四輪自動車の試作開始。
1938 13年 4月 GA型3輪トラック誕生。
1943 18年 10月 戦争の影響で1ヶ月間の生産台数がゼロに。
1945 20年 8月 原爆投下の影響により、広島県庁などが東洋工業の建物を間借り。
    12月 GA型3輪トラックの生産を再開。
1946 21年 1月 削岩機の生産を再開。
1949 24年 4月  GB型3輪トラック誕生。
    9月 4輪トラックの試験走行を開始。
1950 25年 3月 LB型3輪トラック誕生。
    4月  PB型3輪乗用車誕生。
    4月 VB型3輪ライトバン誕生。
    6月 東洋工業初の4輪量産車、CA型4輪トラック誕生。
    9月  CT型3輪トラック誕生。
1951 26年 3月 HB型3輪トラック誕生。
    9月  CTL型3輪トラック誕生。
1952 27年 3月 CTD型ダンプカー誕生。
1954 29年 2月 GCZ型3輪トラック誕生。
1956 30年 8月  CHATB型3輪トラック誕生。
1957 32年 8月  3輪トラック「T2000」誕生。
    11月 MRA型3輪トラック誕生。
1958 33年 4月 1t積み小型4輪トラック「ロンパー」誕生。
1959 34年 3月 4輪トラック「D1100・D1500」誕生。
    5月  3輪トラック「K360」誕生。
    6月  3輪トラック「T600」誕生。
    10月 3輪トラック「T1100」誕生。
    10月  3輪トラック「T1500」誕生。

             

マツダの歴史・歴代モデル <1960年代>
マツダの歴史・歴代モデル <1960年代>


マツダの歴史のトップへ   HOMEへ