MAZDA FAMILIA
マツダ 初代ファミリアバン
 
長い歴史を持つファミリアの一番最初のモデルが1963年10月にデビューしたファミリアバン。
まずは商用バンが先行発売され、後にワゴン・セダン・クーペが追加される。デビューは1963年でトヨタ・カローラや日産・サニーよりも早く、日本でも有数の長寿モデルである。
【車名の由来】スペイン語で「家族」を意味し、ファミリーカーのトップモデルにしたいという願いが込められている。
          
発売日 1963年10月
全長×全幅×全高 3635mm×1465mm×1390mm
ホイールベース 2140mm
車両重量 760kg
           
◆エンジン     
直4.800OHV 42ps/6000rpm 6.0kg-m/3200rpm
         
◆発売当時価格 46.8

          

1960年代のトップへ   HOMEへ