MAZDA FAMILIA 2door-Sedan
マツダ 初代ファミリア 2ドアセダン
 
バンとワゴンの先行投入に続いてデビューした4ドアセダンの1ヶ月後に登場したのが、この2ドアセダン。
鋭く立ったリアガラスが特徴で、ほぼ同タイプの2ドアクーペよりも居住性が高いと言える。デザイン的にはかなり独創的。
【車名の由来】スペイン語で「家族」を意味し、ファミリーカーのトップモデルにしたいという願いが込められている。
          
発売日 1964年11月
全長×全幅×全高 3700mm×1465mm×1385mm
ホイールベース 2190mm
車両重量 720kg
           
◆エンジン     
直4.800OHV 42ps/6000rpm 6.0kg-m/3200rpm

     

1960年代のトップへ   HOMEへ