MAZDA PARKWAY
マツダ 2代目パークウェイ
 

 

 

ロータリー搭載モデルも存在した初代モデルの後を継いで1982年にデビューした2代目モデル。
フロントマスクは、この2年前にデビューしたタイタンの物をそのまま移植した顔つきで、
タイタンのライトが角型になると、パークウェイにも同様の変更がなされた。

写真の上2枚はマツダ本社工場構内で活躍していた「マツダミュージアム」の送迎車。
ボディカラーはこの配色がベースであると言え、当時は全国の自動車教習所や企業送迎用などでこのカラーリングで活躍する姿が多く見られた。
尚、このパークウェイを最後にマツダはマイクロバスの販売から撤退した。

バスボディの製造は、福岡県に本社を持つ西日本車体工業鰍ェ請け負っていた。

【車名の由来】「パークウェイ」とは、英語で「中央分離帯や両側に並木・芝生のある広い道路」の事を指す。

          
発売日 1982年
販売チャネル マツダ店
全長×全幅×全高 ----mm×----mm×----mm
ホイールベース ----mm
車両重量 ----kg
           
◆エンジン     
       
         
◆グレード    
           

          

1980年代のトップへ   HOMEへ