AUTOZAM CAROL
マツダ 2代目キャロル
 




スズキからエンジンや下回りの供給を受け、マツダ製のボディを載せデビューした2代目キャロル。
1962年にデビューした初代キャロル以来、実に27年振りとなるキャロルの新型で、丸みを帯びた個性的なスタイルで女性を中心に人気を博し大ヒットモデルとなる。

【車名の由来】英語で「祝歌、鳥のさえずり」を意味する。

          
発売日 1989年11月
販売チャネル オートザム店
全長×全幅×全高 3290mm×1395mm×1415mm
ホイールベース 2335mm
車両重量 580kg(550e)
最小回転半径 4.4m
           
◆エンジン     
550SOHC (1989〜1990) 40ps/7500rpm 4.3kg-m/6000rpm
660SOHC (1990〜) 52ps/7000rpm 5.7kg-m/4500rpm
660SOHCターボ (1992追加) 61ps/6000rpm 9.2kg-m/.3500rpm
         
◆グレード 4MT 3AT
550 e 55.7 61.5
    5MT 3AT
550 f 63.7 67.8
550 g 75.7 79.8
550 f 4WD 75.8 -

          

1980年代のトップへ   HOMEへ