国内市場におけるマツダブランドの発信・体験拠点として2014年7月31日に宮城県仙台市に第1号店が誕生した新コンセプトの販売店。
次いで8月2日には、兵庫県神戸市と福島県福島市にもオープンし、各地の旗艦店として活用される模様である。

【写真掲載店舗】
・関東マツダ 目黒碑文谷店 (東京都目黒区) ※2015年1月撮影
・湘南マツダ 湘南台店 (神奈川県藤沢市) ※2015年7月撮影
・東海マツダ 茶屋ヶ坂店 (愛知県名古屋市) ※2015年11月撮影
・東北マツダ 長町店 (宮城県仙台市) ※2016年4月撮影 【新世代店舗 第1号店】
・千葉マツダ 千葉ニュータウン店 (千葉県印西市) ※2016年5月撮影
・南九州マツダ 新栄店 (鹿児島県鹿児島市) ※2016年5月撮影
・九州マツダ 東比恵店 (福岡県福岡市) ※2016年9月撮影
・マツダオートザム松本ルート19 (長野県松本市) ※2016年10月撮影
・関西マツダ 歌島店 (大阪府大阪市) ※2016年11月撮影
・関東マツダ 高田馬場店 (東京都新宿区) ※2016年12月撮影
・ユーノス三昌 マツダアンフィニ津島中央店 (愛知県津島市) ※2017年2月撮影
・東北マツダ 秋田本店 (秋田県秋田市) ※2017年5月撮影
 
  
元々はどこにでもありそうな普通のディーラーのうちの1店舗であった「関東マツダ 目黒碑文谷店」。
この度、建て替えが行われ国内10店舗目の新世代店舗としてリニューアルオープン。

  
ショールーム内は、車体色がソウルレッドプレミアムメタリックで統一されている。

  
店内には、鼓動デザインのモニュメントも設置されていた。エントランスおよび駐車場は木目調。

 
 
マツダのロゴは、最近のイベント時に見られるシルバーのMAZDAロゴの内側が青く光るタイプ。
ロゴがもっと綺麗に青く発色してくれた方がマツダらしいと思うのは、私だけであろうか?

新世代店舗レポートA「湘南マツダ 湘南台店」
 
別の新世代店舗を訪れる機会がありましたので、追加でレポートします。
湘南マツダ 湘南台店。2015年6月18日リニューアルオープンで、訪れたのは7月4日です。

 
都内とは違い敷地に余裕がある分、横に長く天井の高いショールームとなっています。
マツダのロゴを横に並べる場合は、これが標準なのかな?

新世代店舗レポートB「東海マツダ 茶屋ヶ坂店」
  
あの巨大メーカーの城下町と言っても過言ではない名古屋市内に、マツダの新世代店舗があったので撮影してきました。

 

交差点の角に建っているんだけど、敷地が綺麗に四角ではないので、なんだか歪な形?
すぐ近くにネッツが映り込んでいますね… マツダの新世代店舗、頑張って欲しいです。

新世代店舗レポートC「東北マツダ 長町店」
  
マツダ新世代店舗の第1号店、「東北マツダ 長町店 (宮城県仙台市)」。
マツダファン東北ミーティング2016 in SUGOで宮城県を訪れたので、こちらにも寄ってみました。

 
 
SKYACTIVでも鼓動デザインでもない愛車ランティスセダンを、新世代店舗に。

新世代店舗レポートD「千葉マツダ 千葉ニュータウン店」
  
千葉県内初のマツダ新世代店舗、「千葉マツダ 千葉ニュータウン店 (千葉県印西市)」。 
千葉県内初の新世代店舗であると同時に、千葉県内では実に9年ぶりになるマツダディーラー新店舗。

  
ショールーム外観と、ショールームに並ぶデミオ&CX-5。

  
こんなにカッコ良いサービスピットは見た事が無い(写真中央)。目立たない所に洗車機まで…
写真右は、実車の展示コーナー 兼 試乗車ってとこでしょうか。

  
敷地が広い為、中古車展示場も併設。

新世代店舗レポートE「南九州マツダ 新栄店」
  
鹿児島県で最初の新世代店舗、南九州マツダ 新栄店(鹿児島県鹿児島市)。

  
展示スペースが広くて、ソウルレッドプレミアムメタリックの展示車が充実。側道側は中古車展示場となっています。

  
南九州マツダ 新栄店が、他のマツダディーラーよりも遥かに優っている点。それはタイタン キャリアカーのラインナップ。
4代目(最終型マツダ製タイタン)・5代目・6代目が並ぶ、マツダファン垂涎の光景。

新世代店舗レポートF「九州マツダ 東比恵店」
  
福岡県・長崎県・大分県に展開する九州マツダの新世代店舗、九州マツダ 東比恵店(福岡県福岡市)。

  
新世代店舗への改装前は、向かって左側の建物は中古車展示場(マツダユーカーランド)として営業していたようですが、改装後は試乗車が数台置かれるのみになりました。

 
夕刻に訪れたので温かみのある照明が映えますね。屋外からショールームにかけて展示車が1列に並ぶ作り。

新世代店舗レポートG「マツダオートザム松本ルート19」
  
世界初ではないかと思われる、マツダオートザム店の新世代店舗「マツダオートザム松本ルート19」。

  
マツダ系店舗において、建て替えや改装により次々に誕生している新世代店舗であるが、マツダオートザム系ではこれまで見たことが無かった。

  
この店は、店舗を移転する際に、移転先の建物を新世代店舗として整備した模様。

  
中古車展示場「ユーカーランド」を併設。

新世代店舗レポートH「関西マツダ 歌島店」
  
関西地方の新世代店舗としては初レポートとなります「関西マツダ 歌島店」。一世代前の標準タイプ店舗を改装して、新世代化した分かり易い例。

 
ショールームとサービスショップの建物から構成され、入口付近に大きく屋根が張り出す従来のマツダ標準タイプ店舗。

 
建物自体は近年建て替え済であると思われ、新世代化にあたっては、外装のブラック化と内装のリニューアルを行った模様。

新世代店舗レポートI「関東マツダ 高田馬場店」
  
2016年11月5日、都内に巨大な新世代店舗がオープンしました。関東マツダ 高田馬場店。タイムズカーレンタル併設です。

  
店頭にテラスが設けられて、とても良い雰囲気。この日はロードスターとロードスターRFが展示されていました。

 
通り沿いにサインは立っていませんが、壁面に巨大なシンボルが付いてます。

新世代店舗レポートJ「ユーノス三昌 マツダアンフィニ津島中央店」
  
愛知県津島市 県道65号線沿いにある株式会社ユーノス三昌の「マツダアンフィニ津島中央店」。その社名と店名の通り、元ユーノス店の販社が現存している貴重な例。

  
元ユーノスの店舗で、この新世代店舗は建て替えではなく改装のようなので、ユーノス店特有のアーチ形の窓も健在。

  
あの巨大メーカーのお膝元 愛知県で、マツダ直系ではないユーノスの販社として参入した企業が生き残って、新世代店舗を作り上げたのは大変素晴らしいことです。
愛知県津島市周辺の皆様、ぜひユーノス三昌 マツダアンフィニ津島中央店のご利用を。

新世代店舗レポートK「東北マツダ 秋田本店」
  
秋田県初の新世代店舗「東北マツダ 秋田本店」。旧秋田本店と同じ敷地にて建て替え、2017年2月27日グランドオープン。

  
以前は向かって左側を中古車展示場「ユーカーランド」としていたようですが、新車展示スペースに一新。

 
店舗の前にある秋田中央交通の停留所「マツダ前」。マツダのスペルが「MATSUDA」なのが非常に気になります…。

     


ディーラーのトップへ   HOMEへ