2020年7月31日(金)〜8月2日(日)の3日間、千葉県千葉市の幕張メッセ10・11ホールで開催された
「AUTOMOBILE COUNCIL2020」
新型コロナの影響で開催が延期されていましたが、入場時の体温チェックなどの対策が講じられた上で、無事開催されました。
マツダはこのイベントに初年度から継続して出展し、今年で5年目となります。

マツダブースのテーマは、「MAZDA 100 YEARS HISTORY」(マツダ発表)でした。
当イベントも、会場で管理人が見つけたマツダ車全車をお届けします。

  
会場全景。
今回は幕張メッセの10・11ホールでの開催。皆さんとても静かに、ソーシャルディスタンスを保って見学しておりました。

  
オートモビルカウンシルは、2016年の初回からほぼこういう傾向ですが、出展者数が少ない今年は特にマツダの面積を広く感じる。
トヨタやホンダと比較して、こんなにマツダが広いイベントは他にない…。

  
マツダブース全景。
今回のテーマは「MAZDA 100 YEARS HISTORY」ですが、ブースはまるでマツダミュージアムを千葉にそのまま持ってきたようなラインナップ。
各車の並び写真を多めに…

  

  

  
新型コロナの影響により会場が非常に空いていたので、皮肉にも普段なかなか見られない貴重な車種の並びがゆっくりと撮影できる環境に…
イベントの継続開催の為にも、来年からはまた沢山の来場者があるイベントに戻れますように。

 

ここからは、マツダブースに出品された各車両をご紹介します。

■MAZDA MX-30 (2020秋 発売予定)

  

 
オートモビルカウンシル開催初日の7月31日に、今秋の国内導入予定が発表されたMX-30。
EVモデルとマイルドハイブリッドモデルを導入予定。

■100周年特別記念車:MAZDA MX-30 (欧州仕様車) ※参考出品車

  
R360クーペのツートンカラーをモチーフにしたMX-30の100周年特別記念車。

■100周年特別記念車:MAZDA MX-5 (欧州仕様車) ※参考出品車
  

 
ロードスターの100周年特別記念車。

■R360クーペ (1960)

  
100周年特別記念車のカラーリングのモチーフとなったR360クーペ。

■GA型3輪トラック グリーンパネル (1938)

  

  
この車両、間違いなく「グリーンパネル」と紹介されているですが、車体に書かれた文字が「グリーンバネル」なのは元々の仕様!?

■初代ファミリアバン (1963)

  

 
1000万台以上を販売し、50年間マツダを代表する車種であったファミリアの初代モデル。
ファミリカーとして名付けられたモデルなのに、バンモデルから登場したのは当時の流行り?

■初代ルーチェ (1966)

  

 
マツダの高級セダンと言えば「ルーチェ」。
印象的なデザインのルーチェロータリークーペ(1969)ではなく、レシプロモデルの初代セダンを展示するあたり、さすがマツダです。

■コスモスポーツ (1967)

 

 
世界初の2ローターロータリーエンジン搭載の量産車、コスモスポーツ。

■2代目コスモ (1975)

  

  
コスモの名を引き継ぎ1975年に登場したスペシャリティモデル。2020年に再認識する、2代目コスモのカッコ良さ(写真多め)。

■初代サバンナRX-7 (1978)

 

  
1971年に誕生したスペシャリティモデル「サバンナ」の名を引き継いで登場したサバンナRX-7の初代モデル。

■5代目ファミリア (1980)

 

 
たった1世代で200万台近くを販売した、マツダ史上最大のヒット作。

■ユーノスロードスター (1989)

  

 
マツダ5チャンネル時代の車種はNAだけでした。世界で最も売れているオープン2シーターの記録更新中。

 

  

  
こちらはマツダ100周年の歩みを記した年表。
沢山の項目がありましたが、管理人的に気を惹いたのは「mを図案化した新マーク採用」「米国工場ラインオフ」「ミラーサイクルエンジン」「新世代店舗」の4つでした。 

 
マツダ100周年記念グッズの紹介コーナー。管理人は写真集を買おうかと思った時期もありましたが、結局紙の書籍はすぐに見なくなるので断念…


ブースの一番隅っこの壁面に貼られている写真なんて、大半の来場者が目にも止めない…
そんな所に使う写真だからこそ、逆にこだわりを感じる1枚。

 

■ここから先は、マツダブース以外のショップのブースで見掛けたマツダ車です。

■ヴィンテージ宮田自動車

  

  

  
初代ボンゴトラック(1966)。

 
ルーチェロータリークーペ(1969)

■Auto Roman

 
R360クーペ(1960)

 
アンフィニRX-7(1991)

■三協アルミ

 
こんな所にマツダ車はいないだろうと思いつつ、念のため見ていたらガレージを紹介するCG画像に中にマツダ3がいました…

 

いかがだったでしょうか。
まるでマツダミュージアムを、そのままに千葉に持ってきたかのようなマツダブース。

新型コロナの影響で開催が危ぶまれていた中、「MAZDA 100 YEARS HISTORY」のテーマに相応しい出展をして頂いたマツダさんに感謝です。
また、諦めずにイベントを開催してくれた主催者様、ありがとうございました。

 


イベント特集のトップへ   HOMEへ