MAZDA SAVANNA
マツダ サバンナ
 
ロータリー専用車第2弾として1971年にデビューしたのが、このサバンナ。
その名の通り、その後のサバンナRX-7やアンフィニRX-7へと続くモデルで、デビュー翌年にはスポーツワゴンも登場。7年間で約29万台が生産された。
【車名の由来】英語で「大草原」という意味を持つ。
          
発売日 1971年9月
全長×全幅×全高 4065mm×1595mm×1350mm
ホイールベース 2310mm
車両重量 875kg(クーペ・GSU)
最小回転半径 4.3m
           
◆エンジン     
10A(491cc×2) 105ps/7000rpm 13.7kg-m/3500rpm
12A(573cc×2) 120ps/6500rpm 16.0kg-m/3500rpm
         
◆グレード    
クーペGSU 75.0
GT 79.5

          

1970年代のトップへ   HOMEへ