MAZDA CAROL
マツダ 3代目キャロル (オートザムキャロル)
 
 

先代に続きスズキからエンジンやプラットフォームなどの供給を受け、マツダ製のボディを載せてデビューした3代目キャロル。このキャロルは軽自動車初の全車エアバッグ標準装備モデルである。
右の写真はキャロルクラシックシリーズで、潟}ツダスピードがリリースしたキャロルクラシックとマツダ産業鰍ェリリースしたキャロルカスタム。

【車名の由来】英語で「祝歌、鳥のさえずり」を意味する。
          
発表日 1995年10月12日
発売日 1995年11月
販売チャネル オートザム店
全長×全幅×全高 3295mm×1395mm×1420mm
ホイールベース 2335mm
車両重量 610kg(660S)
670kg(660HG 4WD)
最小回転半径 4.4m(ターボ&4WD-4.6m)
           
◆エンジン     
660SOHC 52ps/7000rpm 5.7kg-m/4500rpm
660SOHCターボ 64ps/6000rpm 10.0kg-m/4000rpm
         
◆グレード 5MT 3AT
660 S 64.9 69.7
660 SG 75.1 79.9
660 HG 86.2 91.0
660 ミレディ 91.0 95.8
660 SG 4WD 91.9 98.2
660 XG 97.1 101.9
660 HG 4WD 101.0 107.3
660 ミレディ 4WD 105.8 112.1
660 XRターボ 110.1 115.3

     

Catalog Information
       
 
▲3代目キャロル カタログ (1996年6月)
           

     

1995〜99年のトップへ   HOMEへ