MAZDA DEMIO
マツダ 初代デミオ
 

 
左は第31回東京モーターショー参考出品車「BU-X」 / 右は量産車


デミオはスペイン語で「私の〜」を意味するコンパクトカーブームの火付け役。
機械的には初代フェスティバやオートザムレビューをベースにしており開発費は低く抑えられたらしいが、それに反して爆発的な大ヒットを記録した親孝行モデル。

【車名の由来】スペイン語を合成した造語で「私の〜」という意味を持つ。英語の「of mine」 に相当する。

          
発売日 1996年8月26日
販売チャネル マツダ店・マツダアンフィニ店・オートザム店
全長×全幅×全高 3800mm×1670mm×1535mm
ホイールベース 2390mm
車両重量 910kg(1300LX)
最小回転半径 4.7m
月販目標台数 4000台
           
◆エンジン     
直4.1300SOHC 83ps/6000rpm 11.0kg-m/4000rpm
直4.1500SOHC 100ps/6000rpm 13.0kg-m/4500rpm
         
◆グレード    
  5MT 3AT
1300 L 95.9 101.7
1300 LX 105.3 111.1
1300 LX Gパッケージ 111.6 121.9
1300 LX Fパッケージ 114.1 119.1
  5MT 4AT
1500 GL 134.3 143.1
1500 GL-X 145.6 154.4

     

Catalog Information
       
 
▲デミオ カタログ (1996年8月)
           

              

1995〜99年のトップへ   HOMEへ