今年も行ってきました。東京オートサロン。
会期は2007年1月12日(金)から14日(日)の週末3日間、会場は千葉県千葉市の幕張メッセと
いつもと変わらない感じですが、今年は先月国内デビューしたCX-7のカスタマイズモデルが
大量投入され、ついに日本にもやって来たなぁという感じです。元々国内生産車ですが…
今回もマツダブースの展示車両を全車ご紹介します。

CX-7

  

「CX-7 MAZDASPEED CONCEPT」
今回、マツダスピードアクセラと共にステージに並んだのはこちら、CX-7マツダスピードコンセプト。
CX-7の一番カッコ良いアングルを探して角度を決めてみましたが、いかがでしょうか?
車体はかなりデカイですが、オーバーハングが切り詰められているのでボテッとしてなくて◎ですね。

「CX-7 AUDIO MANIA」
よ〜く見ないと分からないかもしれませんが、ボディ側面にCarrozzeriaのロゴが入ったCX-7 AUDIO MANIA。
その名の通り、オーディオマニア向けの仕様となっているが、そもそもCX-7の純正オーディオがBOSEとの共同開発である為、
そのままでもオーディオマニア向けが納得してしまうのではないかというのは特筆すべき点。

「CX-7 Bright Stylish CONCEPT」
プレマシーに同名の特別仕様車が存在するが、その流れを組むCX-7のコンセプトモデル。

MPV

「MPV PRESTIGIOUS」
MPVプレスティジアス。なんだか意味の分からない名前であるが、「走るビジネスクラス」がキーワードらしい。
ファーストクラスは狙ってない訳ね…
ちなみにこのプレスティジアスは、MPVなのにシートが2列しかない。足元の広さはファーストクラスに匹敵するかもしれない。

「MPV Bright Stylish CONCEPT」
プレマシーに同名の特別仕様車が存在するが、その流れを組むMPVのコンセプトモデル。

PREMACY

「PREMACY Bright Stylish M'z Style」
市販化された特別仕様車のブライトスタイリッシュをベースに架装したモデル。
ショーモデルは19インチアルミを履いたローダウン仕様だが、17インチで市販化予定らしい。

RX-8

「RX-8 MAZDASPEED M'z Tune」
383万円の市販モデル、RX-8マツダスピードエムズチューン。
同シリーズは、同じく市販化されたマツダスピードアテンザの他、ロードスターのコンセプトモデルも出品。

ROADSTER

「ROADSTER 紅-KURENAI-」
漢字名のついたロードスターのコンセプトモデル"紅"。ベースがRHTなのでトップが自動開閉。

「ROADSTER Blaze Edition DAMD」特別仕様車ブレイズエディションをベースにDAMDでドレスアップ。

「ROADSTER MAZDASPEED M'z Tune CONCEPT」
RX-8・マツダスピードアテンザに登場したエムズチューンシリーズのロードスター版コンセプトカー。

ATENZA

「MAZDASPEED ATENZA M'z Tune」335万円の市販モデル、マツダスピードアテンザエムズチューン。

AXELA

「MAZDASPEED AXELA MS CONCEPT」
CX-7マツダスピードコンセプトと共にステージに上げられたマツダスピードアクセラMSコンセプト。
4シーターフルバケットシートに19インチアルミを装着。内装もブラック&イエローって…やり過ぎ?

「AXELA Sport DAMD」
市販用品を装着したアクセラスポーツダムド。こちらはMSアクセラでなくノーマルベースです。

VERISA

「VERISA Sherwood Knight」
マツダブース内に1台だけ居たベリーサ、その名もシャーウッドナイト。名前はやけにカッコ良い。

MAZDASPEED SHOP

 

今回もマツダスピードのショップを併設。ショップ内にはロードスターNR-Aを展示。

               

東京オートサロン2008withNAPAC
東京オートサロン2008withNAPAC


オートサロンのトップへ   HOMEへ