ご承知の通り?マツダ株式会社の本社は、広島県にある。
広島市内ではなく、広島県安芸郡府中町。
マツダ車のカタログ等に記載されているマツダの住所、「広島県安芸郡府中町新地3-1」がここです。

広島はマツダの企業城下町と呼ばれたほど。
最近では下請けとの古くからの付き合いを解消し、より低コストで高品質な部品を作るメーカーへの発注を重視し協力関係は一部崩れつつあるが、
それでもマツダと古くから付き合いのある関連部品メーカーとが連携を強化し、更に激化する競争に挑もうとする動きも見られる。

2015年に行われた本社ビル改装後は、上の写真に写る現在の姿に。

 
ロゴの色がシルバーになったけど、夜は青く輝く。

  
2015年の外装リニューアル前は、羽ばたくMマークと水色のMAZDAロゴ。


更にその前(このビルが建った当時?)は、銀色の「MAZDA」のロゴのみであった。

 
広島バス「マツダ本社前」停留所から、マツダ本社を望む。

■ 本社ロビー
 
2014年9月にリニューアルされた本社ロビーは、黒を貴重としたマツダブランドを体感できるスペースに生まれ変わった。

 
 
管理人が、2015年8月に訪れた時のラインナップは、ロードスター・CX-5・CX-3・アテンザセダンの4台。

 
 
鼓動デザインを中心とした展示スペース。
2015年4月14日から19日にイタリアのミラノで開催された「ミラノデザインウィーク2015」に出展した際に公開した
「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」と「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」が展示されている。

 
本社ロビーにはタリーズコーヒーが入居。マツダミュージアム見学者は割引適用という嬉しい特典付き。


 
こちらはリニューアル前、2006年当時のマツダ本社ロビー。
エントランスから入ると、マツダのニューモデル達がお出迎え。
トップにベリーサ、サイドにCX-7という並び。今になって考えると、相当渋いラインナップ。



 
ちなみに…、マツダ本社前で待機するタクシーはもちろん?マツダ・アテンザ。


■ EV Station
 
 

2013年3月30日撮影。管理人が訪れた日はマツダ休業日でしたが、デミオ EV TECHNOLOGY が充電中でした。

■ おまけ
 
2015年9月、初めて愛車ランティスセダンでマツダ本社を訪れました。マツダ本社&愛車ランティスセダンの夢のツーショット。
例の地下道も、愛車で走っちゃいました(・∀・)スンスンスーン♪

 

本社工場
本社工場


全国のマツダのトップへ   HOMEへ